熱海、未来のタネをみつけに

Menu

地元経済を応援

地元のお店を食べ支えよう!

地元のお店を食べ支えよう!

「熱海にはおいしい食事が楽しめるお店がいっぱいあっていいね」と、東京の人によく言われます。本当にそうだなあ!と思います。

でもいま、自粛要請は解除されたものの、人の戻りは遅く、熱海の飲食店も厳しい状況のなか、頑張っておられます。

いつまでも熱海においしいお店がいっぱいあってほしい!

おいしい食事、たのしい飲食という、熱海の魅力を守り続けたい!

そのために、苦しい今だからこそ、地元のお店を食べ支えませんか。

熱海市民3万6千人として(実際にはもう少し多いです)

毎週1人あたり1000円ずつ、地元のお店で食べたり、出前やテイクアウトを利用したら、熱海全体で月に1億4400万円のお金が地元の飲食店に入ります。熱海市内の飲食店数を500店とすると、1店あたり毎月29万円弱の売上になります。この売上があったら、市外からの観光客が戻ってくるまでのあいだ、お店の経営も少しは助かるのではないでしょうか。

外食でなくても、出前をしてくれたり、テイクアウトのできるお店も増えています。商工会議所のウェブサイトには、

頑張れ飲食店!!「出前・テイクアウト・貸切対応可能店舗」

というコーナーがあって、出前やテイクアウト、貸し切り対応可能なお店のリストが掲載されています。頻繁にアップデートされているようですので、ぜひのぞいてみてください。

http://www.atamicci.or.jp/information/366/

近くのお店。なじみのお店。「こんなお店もあったんだ」という発見も楽しいかも!

商工会議所がこういうリストを作って、飲食店の応援をしてくれていること、心強いですね! ぜひ活用したいですね。

さて、今日のランチはどこにしようかな?(^^;